膝の痛み

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 膝は変形していないが、しゃがむ事ができない
  • 階段や坂の昇り降りがつらい
  • 病院で変形性膝関節症と診断された
  • 歩くと膝の痛みがあるので外出が減った
  • 膝の水を抜いても、しばらくすると痛みがでてくる

膝は膝に原因があるとは限らず、 上下の股関節、足首、骨盤の動きが悪くなっているせいで
結果的に痛みがでているのが膝痛に多いケースです。

変形自体は、整形外科等に行って治さないといけませんが、 痛みをとることは整骨院でも可能です。

鹿沼おひさま整骨院は、膝の施術でAKAという手技療法導入!!

炎症が出ている場合は、痛みの深部に届くハイボルテージ、 場合によってはテーピング、 太もも周りの筋肉、ふくらはぎの筋肉の調整、 足首や股関節の調整、骨盤の調整をすることで改善します。

膝の痛みについて|おひさま整骨院

膝の状態確認

膝の痛みや違和感の原因はさまざま。長期間膝を酷使してきた人はもちろん、姿勢に癖がある人は体重のかかる部位が偏り、膝に余計な負担をかけてしまうことがあります。
膝の痛みの原因としては、関節リウマチなどの疾患を別と考えるのであれば、生活や仕事の習慣、あるいは加齢が原因といえます。

とにかく、同じ姿勢で仕事を続けられている方や、大きな負担がかかるスポーツを続けられている方などは、発症しやすくなります。

仕事の合間やスポーツ終了後には、ストレッチや簡単な体操を行うように心掛けましょう!

スポーツなどによる膝の酷使

膝の痛みを予防するためには、下半身の筋力強化が重要。スポーツをしていると筋肉も発達していきますが、過度に体を動かし続けると膝痛のリスクが高まることもあります。

競技で特定の筋肉にばかり負荷がかかり、その疲労が解消されずに再び運動を始めると、膝を支える筋肉や靭帯への負荷が増し、関節軟骨の磨耗を早めることに。

変形性膝関節症などの病気

変形性膝関節症は、膝への衝撃を吸収するクッション材である関節軟骨がすり減って傷んでしまい、日常生活でも膝に痛みを感じるようになる病気。

よくある膝の病気の一つで、慢性関節リウマチなどの病気を除くと、多くの膝の痛みの原因となっています。軟骨の代謝異常など体質の問題があると発症しやすいとも。40代以降の女性に目立ちますが、スポーツで膝に負荷をかけてきた人にも見られ、年齢を問わず発症します。

膝の関節は、太もも部分にある骨(大腿骨)と膝下部分の骨(脛骨)が繋がるように位置しますが、膝への衝撃吸収力の低下が続き悪化すると、関節の変形へもつながり、膝を支える筋肉の働きもさらに低下していく恐れがあります。

合わない靴の使用

    サイズの合わない靴や、痛いハイヒールを履き続けていると、足指の関節に徐々に負荷がかかり、外反母趾や土踏まずのアーチが下がる偏平足になることも。

    足の痛みをかばいながら歩いたり、体重のかかる部位が変化したりするため、太ももやふくらはぎの筋肉が疲労し、膝への負荷が強まる恐れがあります。

おひさま整骨院から痛みで悩んでいるあなたへ

私たち専門家にとっては痛みは予防でき、しかも発症しても上手に付き合う方法があります。
なぜ痛むのか、その原因を知ることができれば、必要に応じてふさわしい対策を採ることができます。膝にかかる負荷が原因の場合はしっかりと減量しましょう。冷えが原因の場合は、寒さ対策をしてください。

膝や関節痛の患者様の声|おひさま整骨院

鹿沼市緑町 30代 T・Y様

ずっと気になっていた痛みがあり、(足首)長年放っておきましたが、痛みが強くなってきたので意を決して治療することにしました。
治療には長い期間がかかるかなと覚悟していましたが、初回の治療で痛みがほとんど消えてしまい、足首の治療をしただけで、コリ気味だった肩や腰も軽くなってしましました。

それだけ、足首が重要な箇所だったのかもしれませんが、そこを見つけ、治療してくれた先生に感謝しています。
ありがとうございました。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

鹿沼市 70代 男性 

6年間、様々な症例に触れて来たよう、知識と経験仲間が大切ですね。

鹿沼No.1は実現可能です。

スタッフの方々も今のままで良いのではないでしょうか。
初心忘れるべからず!

今日もよろしくお願いします。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

膝や関節痛の症例|おひさま整骨院

鹿沼市 50代女性

草むしりをよくされ、膝に負担がかかる、この生活習慣が原因である日突然しゃがめなくなりました。

しゃがむと膝が痛い状態です。

来院され、検査をすると最初しゃがめない状態だったのですが、1回目の治療で7割くらいはしゃがめるようになりました。

検査のため、よくよく観察していくと足首と股関節の動きが著しく悪くなっていて膝をまげる際にかなりの負担をかけていました。

足首と股関節の調整をして、膝にかかわる筋肉をゆるめることで曲げやすく動きやすくなりました。

1回目で7割しゃがめるようになってその後、3・4回目で完全にしゃがめるようになりました。

その後ぶりかえすと怖いと話され数回メンテナンスに通われました。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

鹿沼市 70代男性

膝の変形がある方で、 膝ががくがくと不安定になっていました。
整形外科にも通い、筋力強化をメインに治療しているとのことでした。

体の重心が外側に寄り、外側の筋肉のつっぱりがひどかったので外側のつっぱっている筋肉、それに付随して、お尻の筋肉の緊張がでていたのでそこから取っていきました。

体重のかかり方が、外からもう少し内側にくるように股関節の調整をして、バランスをとっていきました。

来院したよりも歩きやすくなったよ!とおっしゃっていました。
1か月くらいの治療を行い、現在も通院中です。

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

お問い合わせはこちら

鹿沼市おひさま整骨院電話番号:0289-74-5506
TOPへ戻る